検索
  • Ken Mayes Ozawa

2020年を振り返る Looking back on 2020

最終更新: 1月11日

過去の記事がすべて消えてしまったのでリニューアル投稿です。

2020年はコロナ禍で大変でした。

コロナの影響で仕事や生活に大きな支障が出たり、健康の被害にあった方については心から心配とお悔やみを申し上げます。

一方で個人的にはとても良い年だったと思います。

1.止まっていた課題が一気に動き始めた

リモートワークや印鑑の電子化などの電子手続きが一気に進みました。また、季節ごとの飲み会や食事会が減り

世の中のムダが削減されました。

その中でムダに見えて削減しない方が良いことや形を変えても継続した方が良いことも見えてきたので、未来の姿が想像しやすく

なりました。

2.友人、知人の価値観が見えた

SNSの投稿を通じて、その人が何を大事に思っているか、が極限状態の中で見えました。

人と会わないととても寂しい気持ちになる人も居れば、むしろ引きこもり状態に適性を見せる人もいる。

ゼロリスクを志向する人もいれば、まったくリスクにも感じない人もいる。

誰とどういう距離でつきあっていこうかというのが見えてきた感じがあります。

3.ルーティンの大切さがわかった

時間ができると、今まで忙しさを理由にしていかに自分がやりたいことを後回しにしてきたかがわかりました。

面白いもので、1日は長いようでワイドショーなどを見ていたらあっという間に午後、夕方になるというのが体感できました。

朝の打ち合わせや通勤というのはある意味自分のルーティンやリズムを作っていたものもあり、やりたいことをしっかり

計画しないと、簡単に流され、時間が消えていくことがわかりました。


***

This is a renewal post because all the past articles have disappeared.


2020 was a tough time with the corona wreck.

We would like to express our deepest worries and condolences to those who have suffered a major hindrance to their work or life due to the effects of corona, or who have suffered health problems.


On the other hand, I personally think it was a very good year.


1.The issues that had stopped started to move at once

Electronic procedures such as remote work and digitization of seals have progressed at once. Also, the number of seasonal drinking parties and dinner parties has decreased.

Waste in the world has been reduced.

Among them, it seems wasteful and it is better not to reduce it, and it is better to continue even if the shape is changed, so it is easy to imagine the future.

became.


2.values ​​of my friends and acquaintances

Through the posting on SNS, I could see what the person cares about in the extreme state.

Some people feel very lonely when they don't meet people, while others are more suitable for withdrawal.

Some people are oriented towards zero risk, while others don't feel at all risk.

I feel like I'm starting to see who and how far I should go.


3.the importance of routines

When I had time, I realized how busy I was to put off what I wanted to do.

It was an interesting thing, and it seemed like a long day, and when I was watching a wide show, I could feel that it would be afternoon and evening in no time.

In a sense, morning meetings and commuting made my own routines and rhythms, so I firmly decided what I wanted to do.

I found that if I didn't plan, it would be easily washed away and time would disappear.



1回の閲覧0件のコメント