検索
  • Ken Mayes Ozawa

言わないと決めていること decided not to say it.

言わないと決めていること。

これは人にも言うなというものではなくて、自分の経験や自分の性格を踏まえた上で自分だけに課したルール。

バランスを保つためにも必要なこと。

1.頑張って

楽しいことを我慢するニュアンスが含まれる。楽しさを優先させたい。「楽しんで」に言い換える。

「明日のテスト、頑張って!」→「明日のテスト、楽しんで!」

2.日々精進

どこまでやっても未熟なニュアンス。楽しみを我慢して苦痛を耐え忍ぶニュアンス。

また、自分を小さくすることで、相手に「そんなことない」を期待するような意味合いも感じ取れる。頑張リズムを助長するイメージもあるので使わない。

3.〜しなくちゃいけない、〜すべき

自分の行動を縛る、束縛するニュアンス。特定の価値観以外を認めないイメージを含む。「〜したい」に言い換える。

「明日までにやらなくちゃ」→「明日までにやりたい」


This is not something to say to people, but a rule that is imposed only on you based on your own experience and your personality.

What you need to do to keep your balance.


1. Good luck

Includes nuances to put up with fun. I want to prioritize fun. In other words, "enjoy".

"Tomorrow's test, do your best!" → "Tomorrow's test, have fun!"


2. Dedicated every day

Immature nuances no matter how much you try. The nuances of enduring fun and enduring pain.

Also, by making yourself smaller, you can feel the meaning of expecting the other party to "do not do that". I don't use it because there is an image that promotes the rhythm of hard work.



3. I have to do it, I should do it

A nuance that binds and binds one's actions. Includes images that do not recognize anything other than specific values. In other words, "I want to".

"I have to do it by tomorrow" → "I want to do it by tomorrow"




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

パニック障害との共存 Coexistence with panic disorder

パニック障害はやっかいだ。何か刺激があると敏感に反応してしまうような状態。重圧やプレッシャーにさらされると鬱を発症しやすい。 自分も一時期は鬱状態にずっとはまり込んでいたが、意識的に負荷や刺激を避けるようにしていたら、だんだんと鬱状態からは回復してきた。 何度ももう大丈夫かと思ったら再発を繰り返していて、出口は見えない。 2018年くらいからは本当に刺激を避けるようにしていて、 寛解(治療をつづけ